妊娠中の腰痛持ち

妊娠中の腰痛持ちが注意して欲しい!3つのチェック項目とは?

腰痛もちの、妊娠中の女性必見!

 

実は、妊娠中の女性は腰痛になってしまうリスクがかなり高まってしまいます。
女性ホルモンの関係で、関節がゆるみやすくなるためです。

 

腰痛持ちかそうでないかかかわらず、妊娠中の女性が注意すべき点を
3つのまとめてみました。
妊娠中の生活を健康的にするために、元気な赤ちゃんを産むためにぜひ参考にしてみてくださいね!

 

  • 前傾姿勢をしないように注意!
  • 妊娠中に適した運動をしましょう!
  • 重い荷物は待たないようにしましょう!

 

前傾姿勢をしないように注意!

妊娠して赤ちゃんがどんどん大きくなってしまうと、おなかが重くなって前傾姿勢になりやすくなってしまいます。こうなると、背中の筋肉が張ってしまって、結果的に腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。
妊娠中は前傾姿勢に注意が必要ですが、逆に体を反り過ぎて前傾姿勢に対抗しようとし過ぎても反り型の腰痛になってしまうので、こちらも注意です。
感覚的には、前傾姿勢にはならないように注意しながら、背中を反り過ぎないよう注意するという感じです。
できるだけ体をまっすぐに保つようにすることで腰痛は予防・改善できます。

 

 

妊娠中に適した運動をしましょう!

妊娠中の過度な運動は厳禁ですが、腰まわりの血行をよくするための運動はすべきなのです。産婦人科の医師に相談の上、適度な運動をするようにしましょう。
妊婦さんのためにスイミングやウォーキング、エクササイズをやっているスポーツジムもありますので、妊娠してから全然運動していない!という方はぜひチェックしてみてください。

 

 

重い荷物は待たないようにしましょう!

家事やお買い物などで重い物を持つこともあるかと思いますが、極力旦那さんの協力を得て、重い荷物はもたないようにしましょう。
重い荷物を持つこと自体が腰に負担がかかる行為なのですが、おなかの赤ちゃんの重みに重い荷物の重みが加わって、これに対抗しようと背中の筋肉を傷めたり、背中の筋肉を使い過ぎて腰痛になってしまったりというケースは非常に多いです。
妊婦さんの場合、ホルモンの関係で関節がゆるくなりやすいので、注意が必要です。

 


腰痛にいい椅子腰痛改善椅子アーユルチェアを試してみました。


ホーム RSS購読 サイトマップ